ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

紫外線ケアのための食事

近年は紫外線が影響の度合いを増し、日焼け止めクリームなどの存在が欠かせません。

紫外線からお肌を守る方法はいくつかありますが、紫外線ケア効果があるという食材を使うという方法もあります。

紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生します。

活性酸素は健康や美容の敵です。

白血球は、各種のウイルスや菌から体をガードするための方策として、活性酸素を作り出し、これに対抗しようといます。

老化やガンなど、体に起きるよくない現象のいくつかは、この活性酸素の活動によるものだといいます。

活性酸素の多いからだは錆びるので、細胞の働きが悪くなります。

発生した活性酸素を抑えるために食事にも気をつけましょう。

ビタミンCが紫外線ケアに役立ちます。

ビタミンCには紫外線を浴びて発生した活性酸素を除去してくれる作用があります。

レモンやみかんなどの柑橘系に多いことで知られていますが、果物や野菜に多い成分で、イモ類などにも含まれているといいます。

加熱すると壊れやすく、水に溶けるという特徴がありますので、長時間流水にさらしたり炒めたりすると失われることがあります。

生で食べるといいでしょう。

抗酸化作用のある栄養素としてはビタミンEがあります。

大豆やナッツ、玄米などに豊富に含まれます。

脂溶性ビタミンであり、水には溶けませんが油に溶け出す性質があります。

開封後の時間が経ちすぎていると酸化している可能性があります。

酸化した食材を使うのは悪影響です。

ポリフェノールやβ-カロテン・リコピンなども紫外線ケアに役立ちます。

もちろん美容、健康に良いからといって偏った食事をするのはいけません。

紫外線対策も大事ですが、食事には偏りがないことをまず心がけましょう。

その上で、紫外線ケアにいいという栄養素を意識して取り入れてください。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|         
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-04-24 18:50 | ダイエットの啓司