ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

βグルカンの種類について

ガン予防やガンの増殖を抑える効果があるといわれる成分にβグルカンがあります。

主にキノコに多く含まれており、人体の免疫力を高めるとして期待されています。

植物や菌類に存在しますが、特にアガリクスやメシマコブ、霊芝、ハナビラタケのβグルカンは強い作用があります。

ガンを予防し、腫瘍の増殖を抑える物質として期待されているほど免疫機能を高める成分です。

健康サプリメントとして活用されていますが、βグルカンは薬品でないのでどんな人でも摂取ができます。

グルカンにはα型とβ型があり、ブドウ糖分子の結合の形で決まります。

材料は同じでも、それぞれ性質が違います。甘味の元として知られるトレハロースやでんぷんがα型グルカンです。

一方、β型グルカンにもいくつかの種類があります。

その中で、β-(1→3)-D-グルカンという種類が制癌作用や免疫力向上作用があります。

現在、世界各国の関心が寄せられて色々と研究がされている成分でもあり、キノコからも抽出できますが、この他イースト菌やビール菌の細胞壁からも抽出可能です。

食品化学では、βグルカンは食物繊維として扱われています。

麦飯に入れる大麦には、βグルカンが含有されています。

1960年にその構造が解明されβ1,3Dグルカンと名前がつけられましたが、βグルカンが初めて確認されたのは20年を遡る1941年のアメリカでした。

以後、1963年にガン細胞の縮小に効果があるとの研究発表がされ、数々のβグルカンに関する研究が発表されて解明が進んでいます。
[PR]
by dietfever | 2008-08-20 07:51 | サプリメントの啓司