ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

βグルカンの免疫抑制効果

βグルカンを注射すると血液を巡って各臓器に達し、肝臓と脾臓に数ヶ月という長い間留まることが研究によって判明しています。

βグルカンを分解できるような酵素は人体には存在していません。

βグルカンはゆるやかに分解されるまで、ずっと効果を発揮し続けます。

異物への抵抗や攻撃する免疫系統を担っている器官は肝臓や脾臓で、免疫系の物質はここに多くあります。

推測によると、βグルカンは免疫反応を向上させるために肝臓や脾臓で効果をあらわしているといいます。

体全体の免疫力をアップさせるものとしてβグルカンが期待されています。

これが、抗ガン剤効果がβグルカンにはあるといわれる理由です。

マクロファージは異物に最初に応答するもので、免疫システムの一部をなしています。

マクロファージは入ってきた異物を補食し、バラバラにしてその特徴をヘルパーT細胞に伝達し、そこから他の免疫系を活性化させます。

免疫系に作用するマクロファージの活動を高める効果が、βグルカンにはあります。

免疫情報を伝達する働きや異物を取り込む力は、マクロファージが活性化するほどに盛んになります。

ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞の破壊力も、共に上昇します。

また、呼吸器の感染症や肺炎を引き起こす肺炎球菌への防御効果なども、キノコ由来のβグルカンによって強化できることがマウスの実験で報告されています。
[PR]
by dietfever | 2008-08-21 08:29 | サプリメントの啓司