ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

βグルカンと化学療法

抗ガン作用があるというβグルカンのサプリメントは、免疫力の向上だけでなくガンの予防や抑制目的でも販売されています。

では、手術後にガン再発が起きたり、ガンの進行がかなりの部分まで進んだ人に対しては、βグルカンは効果があるでしようか。

βグルカンを服用しても効果がないと考えるには早すぎるようです。

抗ガン作用のあるβグルカンですから、病状が進んでも効果があります。

進行ガンの延命や薬の効果を向上させ、抗ガン剤の化学療法に対する副作用を減らす効果も期待されています。

医療用βグルカン製剤を化学療法と併用することで、末期の胃ガン患者の延命と腫瘍の抑制に効果があったという学術論文も発表されています。

注射に使うβグルカン製剤の入手は困難ですが、上質のものであれば経口サプリメントでも同様の作用があるようです。

抗ガン剤使用時の副作用や痛みを低減できる効果は、ガンの闘病生活においてとても重要です。

ガン細胞だけを攻撃する抗ガン剤があればいいのですが、現在の抗ガン剤は骨髄細胞もダメージを受けます。

抗ガン剤によって免疫力が落ちるのは、そのためです。

そこで、免疫系細胞が抗ガン剤の作用に対して抵抗できるよう、βグルカンを何らかの方法で摂取して身体全体の免疫力をアップさせるわけです。

人体に負担にならないようにガンの化学療法を続けるためにも、副作用を最小限に抑えることができるβグルカンが役立ちます。
[PR]
by dietfever | 2008-08-22 15:43 | サプリメントの啓司