ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

l-カルニチンはアミノ酸の一種

人間の身体は脂肪を燃焼し生命活動に必要なエネルギーを得ています。

この脂肪燃焼に関わる成分がアミノ酸で、l-カルニチンはアミノ酸の一種です。

エネルギー代謝では脂肪酸がミトコンドリア膜を通る必要がありますが、そのままでは反応しません。

ミトコンドリアに脂肪酸を入れるには、l-カルニチンが脂肪と結合した状態になければならないのです。

l-カルニチンは脂肪の燃焼を支える効果があることから、近年ではダイエット用のサプリメントとして注目されています。

カルニチンと呼ばれるものには、l-カルニチン以外は塩化カルニチン、アセチルカルニチンなどがあります。

それぞれ特性の異なるカルニチンで、代謝を行うものはl-カルニチンのみです。

l-カルニチンは体の中でアミノ酸から合成して作ることができる物質です。

従って、成長時や出産時以外はl-カルニチンを取り入れずとも普通は特に問題はありません。

とはいえ、21世紀のライフスタイルにおいては、1日に約10グラムという本来の生成量では不足しがちになるようです。

特に女性や肥満気味の人の場合、l-カルニチン不足の傾向があります。

サプリメントの摂取には、日に500mgのl-カルニチンが理想的だというアメリカの研究もあります。

マトンや赤貝、鰹にはl-カルニチンが比較的豊富に含まれています。

l-カルニチンは、サプリメント以外では肉類から補強ができます。
[PR]
by dietfever | 2008-08-23 12:58 | サプリメントの啓司