ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

l-カルニチンの働き

この頃の人々は、生活環境の変化などによってl-カルニチン不足に陥りかけているようです。

では、体内でl-カルニチンが欠乏すると、どのような症状が出るでしょう。

現代の食生活は脂肪摂取量が大幅に伸びており、戦後の3倍に達しています。

しかし脂肪分の取りすぎに加えて運動不足や度を超した飲酒・喫煙などの不摂生を長期間続けると、脂肪の代謝能力は格段に下がります。

そして高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすくなります。

国は、2005年からメタボリックシンドロームの予防という位置づけで、生活習慣病にならないような体質作りを推奨しています。

代謝効率をアップさせて内臓脂肪をなくすことが、メタボリックシンドロームの予防や改善には欠かせないことといえるでしょう。

生活習慣病を予防しメタボリックシンドロームにならないためには、脂肪の燃焼を助けるl-カルニチンの存在は見過ごせません。

100歳以上のお年寄りでも、健康な人の血中には高いl-カルニチン濃度が確認されたという報告もあります。

現代では疲れやすい、力が入らないという人が増えています。

体に必要なエネルギーは、l-カルニチンで脂肪を燃やすことで生み出されます。

l-カルニチンは脂肪を燃焼させてエネルギーを作る、元気の源となる成分。体力アップも期待できると期待を集めています。
[PR]
by dietfever | 2008-08-24 14:22 | サプリメントの啓司