ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

カテゴリ:ダイエットの啓司( 65 )

短期ダイエットに関してまとめてみました。
女性の中では、短期ダイエットを望む方がとても多くいるようです。
夏の水着までに何キロとか久し振りに彼に逢うからなど理由はいろいろとあるようです。
このように短期ダイエットをはじめる人は、何かしらのイベントに向けてという理由が大半です。短期というと、3日間や1週間というダイエットもたくさんありますが、このような短過ぎる期間では、無駄な脂肪を落とすことは不可能です。
1週間程度の短い期間では、女性の生理周期と深い関係のある体内の排泄物除去や水分調節という大切なカラダの機能のことを考えると、効果にバラつきがあるので、短期ダイエットといえども最低でも 1ヶ月の期間は必要です。
短期ダイエットはリバウンドしやすいのも特徴なので注意が必要です。
短期間での食事制限だけでは、カラダが飢餓状態となります。筋肉が落ちることにより、逆にリバウンドしてしまうのです。
リバウンドしないようにするためには、短期ダイエットと一緒に筋力強化のための運動を行うことです。
食事制限だけ短期にしてしまうと、筋肉も一緒に落ちてしまうことも良く覚えておきましょう。
筋肉強化の運動を併用せずに、筋肉が落ちてしまうと、食べても太る体質になってしまいますので注意が必要です。
長期、短期の違いでダイエットが成功するわけではないのです。
成功のポイントは、ダイエットの選択方法にあるのです。
長期でダイエットできる人も最初は短期を目指して、集中して行い、その後まだダイエットを続けるのか、体重をキープするのかの選択をすればいいのです。
まず最初は短期ダイエットを集中して行なうことで、体質改善の方法が自分なりに比較的容易につかむことができると思います。
[PR]
by dietfever | 2008-07-05 07:59 | ダイエットの啓司
ダイエットをはじめる前に注意したいポイントについて考えてみました。
「痩せたい」と考えている若い人たちのほとんどの方が、いつもその事を考えているのではないのでしょうか。
雑誌やテレビで活躍しているアイドルやタレントさんたちに憧れたり、とってもかわいい洋服があったり、女の子はいつもそんなアンテナを張っていて、情報にとても敏感になっているように感じられます。
世界の中でも特に日本の女性たちがダイエットと言う言葉に対してとても敏感になっていて、外国の人から見たら「別に太っていないよ。痩せているのにどうして?」と思われている事をみなさ
んご存知でしょうか。
それでも、日本では多くのメディアが日々ダイエット情報を取り上げており、中には健康に害がありそうなものや、大変危険なものまで存在しているようです。
他人と比べるのでは無く、自分自身が健康的であるのが、一番ふさわしいプロポーションであるのにも関わらず、氾濫するダイエット情報の中で見失っている人が大変多いように感じられます。
食べることは、いけない事のようにとらえ、一度太ってしまったら痩せられないと考えて、様々な病気を引き起こしたりする例も、少なくないようです。
短期ダイエットをする時には、自分の体をしっかりと観察して、体調に耳を傾けながら、体調不良を感じたらストップするという事も、きちんと頭に入れておきましょう。
短期ダイエットをスタートする前に、自分が本当に太っているのかどうか、短期ダイエットが必要なのかを調べてみましょう。
ダイエットが必要かどうかを調べる方法があります。
それは、BMI指数により肥満度が分る計算式があります。
男女共通の肥満度を求める計算式です。BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)。
計算結果の数値によって、肥満度が分ります。
数値が、20以下の時は痩せている、24以下の時は標準、26.5以下の時はやや肥満、26.6以上の時は肥満ということになります。
短期ダイエットをする前に、BMIの数値により自分がどのタイプか把握した上で、自分の体系にあったダイエットをするようにしましょう!
度を過ぎたダイエットをする必要はないのです。
ガリガリに痩せるのは、決して理想の姿ではないのです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-04 09:22 | ダイエットの啓司
私達が毎日食べている食べ物には、カロリーという数値で計算することができるのです。
その数値であるカロリーはラテン語「Calor」が語源となっていて、意味は「熱」です。
カラダを動かす為には、必要な熱量があります。
その絶対に必要な熱量を超えたものは体内に蓄えられるのです。
蓄えられた熱量も度が超えると脂肪になってしまいます。
その脂肪はまさに肥満の原因になります。
自分の不甲斐なさから、自分自身を苦しめてしまったら、せっかくのダイエットで成功してもなんのプラスにもなりません。
この熱量を上手く使いながらダイエットを実現させるのが健康的なプロポーションを作るきっかけになるわけです。
カロリーの計算なんて、一体どのようにすればよいのでしょうか。
大体でいいのです、食べたものとその時間簡単にメモにしてみましょう。
そうすると、ご自身の「食生活」がみえてくるはずです。
一日3食お肉だったら?
それは、太るに決まっていますし、身体にも良くありません。
毎日メモすることで、自分の食事に対する意識を高め、バランスに気をつけるようになるのです。
毎日の継続からダイエットは十分にできるのです。
今日は甘いものが食べたい!食べてもいいのです。
次の食事のときに気をつければいいのです。
カンタンなことです。
毎日のカロリーを計算することで、ダイエットは無理なく進めることができるのです。
必要最低限のカロリーをしっかりと守っていれば、体重が増えることは決してありえないので
す。
[PR]
by dietfever | 2008-07-03 09:17 | ダイエットの啓司
食事のカロリー計算をしっかりして、食生活を改善したけれど、体重がまったく減らない!

なぜなのでしょうか。

食べながらダイエットしても、食生活だけでなく生活自体がだらけていては、b>ダイエットの効果も半減です。

ただ、今まで激しい運動をしてなかった方が急にジムに行き始めても挫折するのは当たり前です。

自分の不甲斐なさから、自分自身を苦しめてしまったら、せっかくのb>ダイエットで成功してもなんのプラスにもなりません。

エクササイズによるダイエットに人気が有り、ビデオを見ながら簡単にb>ダイエットができる DVDも出ているようですね。

テレビを見ながら簡単にエクササイズができるので、気になるものがあったらチャレンジしてみるのもいいかも知れません。

テレビを見ながら毎日継続することで、少しずつ運動をカラダに慣れさせてb>ダイエットしていくのです。

実は、体重計に毎日乗る。

これだけでも運動によるb>ダイエットは成立するのです。

微妙な身体の変化を知る事。

体重が増えれば、食べ過ぎたかな?と思ってその日は気をつける。

そうすれば一定した、体重がまずは保てるからです。

少しぐらい、寄り道してもb>ダイエットの結果にそうそう何キロも差が出ないのです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-02 13:51 | ダイエットの啓司
体の限界を超えたダイエットにより、急に食が増えたり逆に減ってしまったり。

ココロとカラダのバランスが変化して、カラダに変調が起きて自分でコントロールできなくなり、食事が進んでしまう。

これがリバウンドです。

ストレスからリバウンドすると、ダイエットを開始する前よりも体重が増加してしまい、さらにストレスがたまり、精神的負担から嘔吐を繰り返す方もいます。

自分の不甲斐なさから、自分自身を苦しめてしまったら、せっかくのダイエットで成功してもなんのプラスにもなりません。

実際には、無謀なダイエットにより食事が思うようにできなくなり、太りたくても太れなくなってしまい、病院での治療をせざるを得ないというケースも少なくないようです。

人間にとって食べ物を取ると言う行為は、本来楽しいものなのです。

仲間とワイワイ。

お酒もたまには良いでしょう。

本来楽しいはずの食事を無くしてしまっては、ダイエットの意味がありません。

「食べる」ことを楽しみながら、内面も磨く努力をする。

そうすれば、憧れていたプロポーションや、今まで欲しかった洋服が着れるようになるのです。

マイペースを心がけましょう!

無理のないよう自分自身のペースで良いのです。

それをした事で何キロの差も出ないのです。

様々なダイエット情報に踊らされず、自分なりの「食べて痩せる」方法をみつければ良いのです。

食事も大切にし、カラダの内側も外側もみがく事で、あなた本来の「美しさ」があらわれてくるのです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-01 09:07 | ダイエットの啓司