ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

<   2008年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

美容成分で人気のヒアルロン酸ですが、なかなか皮膚に浸透しないのも難点です。

では、どのようにしたら効率よく毎日の生活の中でヒアルロン酸を体内に取り入れていけばいいのでしょうか。

よくある美容化粧品で、ローションやクリームなどの皮膚に塗るタイプのヒアルロン酸がありますが、実は皮膚の表面のみを保湿するにすぎないのです。

全身の保湿ができる飲むタイプのヒアルロン酸がもっとも効果的です。

おなじく美容成分であるコラーゲンは、食事でカンタンに摂取することができますが、ヒアルロン酸は食べ物からの吸収はされにくいのです。

このような理由から、ヒアルロン酸を効率よく摂取するためには、ドリンクやサプリメントなどで補給する必要があるのです。

サプリメントの場合、ヒアルロン酸だけでなくさまざまな成分を同時に摂取できるものが多くでまわっています。

たとえばコラーゲン、ビタミンC、ビタミンE、グルコサミン、スクワレンなどが配合されたサプリメントもあります。

一緒に摂取することで相乗効果も期待できるのです。

そして、複数の成分を一緒に摂取することができるので便利なタイプとして、ドリンクタイプのものもあります。

2つのタイプはどちらも便利ですが、即効性を求めるのであれば、ドリンクタイプが方がよりオススメです。

美容成分として効果的なヒアルロン酸ですが、その1日の摂取目安量は約60mgです。

一度に摂取すると胃への負担が強くなってしまいますので、1日数回にわけて、できるだけ毎日摂取するようにしましょう。

前述のとおりヒアルロン酸の代謝はとても早く、体内にためておくことができないのです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-19 16:40 | 美容の啓司
ヒアルロン酸は人気のある美容成分のひとつですが、その人気の理由は、ヒアルロン酸には高い保湿力があるからです。

ヒアルロン酸の驚くべきその保湿力は、なんと1gあたり、6,000mlの水分を保持する力があるのです。

つまり少量のヒアルロン酸で、体中のあらゆる部位の水分を保持することが可能なのです。

実は、年齢とともに減少してしまう傾向があるヒアルロン酸なので、肌の真皮層に存在する量もだんだんと少なくなっていくのです。

このような傾向がヒアルロン酸にはあるので、常日頃からこのヒアルロン酸を意識して摂取することが、若々しくてうるおいのある美しい肌をいつまでも保つためには、とても大切になってきます。

この理由としては、ヒアルロン酸自身の代謝サイクルがとても早いものであるからと言う事が挙げられるでしょう。

ここで、他の美容成分としても有名なコラーゲンとこの代謝に関して比較してみます。

コラーゲンの場合、摂取してから、だいたい約50%程度に消耗されるまで6ヵ月くらいかかると言われています。

ヒアルロン酸の場合は、コラーゲンと比べてみると、なんと1~2週間でなくなってしまうのです。

特に表皮に限定して、コラーゲンと比較してみると、ヒアルロン酸の場合は、ほんの1日で約50%を消耗し、2~3日も経過するとほぼ新しいものに入れ替わってしまようです。

このようにヒアルロン酸の場合は、長期間に渡って長持ちするコラーゲンに対して、短期間で消耗してしまうのが難点です。

ですからこそ、ヒアルロン酸はこまめに摂取することが必要となってきます。

常日ごろから栄養バランスのとれた食事をしっかりとしていれば、コラーゲンは体内で自然と合成できるので安心ですが、ヒアルロン酸の場合は体内での合成ができないのです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-18 10:55 | 美容の啓司
豆乳のダイエットクッキーのメリットはなんでしょう?
豆乳のダイエットクッキーは、兄弟みたいなものです。
同じ大豆から生まれるからです。
この原料となっている豆乳ですが、大豆タンパクとイソフラボンという成分がはいっています。
どちらもダイエット系のショップでよく聞く言葉です。
大豆に含まれる良質のタンパクを食べた時に、脂肪を排出するところがこの大豆タンパクのメリットのひとつです。
大豆タンパクは脂肪の吸収を抑えてくれるのです。
豆乳にふくまれる栄養素のひとつである大豆タンパクですが、この脂肪の排出を促進してくれる点がダイエットクッキーに使われる理由なのです。
豆乳にふくまれる成分の大豆タンパクには、ほかにも基礎代謝を維持するという働きもあるのです。
大豆タンパクをきちんととれば、エネルギーを燃やしやすい体になれるのです。
そして、イソフラボンのいい所は、イソフラボンは食欲を抑制することです。
豆乳にふくまれている成分である、イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするのです。
女性ホルモンの分泌が減少してくると、食べる量が増えてきます。
食欲を抑える機能が働きにくくなるのが原因ですが、中年以降の女性に急に食べる量が増えて太りだす方が多いのはこのためです。
女性ホルモンが少なくなった状態でのイソフラボンの影響に関する実験があります。
人工的に女性ホルモンを少なくして更年期障害の状態になっているメスのラットに、イソフラボンを加えたエサを与えてみたら、そのラットの食欲に変化がなかったという報告があります。
反対に、エサにイソフラボンを加えられていない普通のエサを与えられていたラットは、やはり食べる量が増えて太り始めたそうです。
この実験の話を読んで、私はミョ~に納得してしまいました。
だって、私も2、3年前からラットと同じ状態でした。
数年前から、食欲があって食べる量が増えていたのです。
そして太りやすい体質になっていました。なぜ体質が変わってしまったんだろうと思っていたのです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-17 09:12 | ダイエットの啓司
おからのダイエットクッキーの効果とは何でしょうか。
おからのダイエットクッキーを食べることで得られるメリットは何でしょうか。
おからって、大豆から豆乳をしぼった残りかすですよね。
豆腐屋さんで売られているので、おからって健康食品なイメージがありますよね。
でも、おからの何がいいかっていうとなかなか分りませんよね。
実は、おからは食物繊維がとってもたくさん含まれているんです。
食物繊維のすばらしさは、食べ物の量をふやして満足感を与える(膨張率が高いから満腹になるって話(→ここら辺がダイエットクッキーたる所以かな)。
食物繊維のいい所とは、食物繊維は、血糖値の急激な上昇を防ぐ役目もするようです(糖分と食物繊維を一緒にとることで、糖分の吸収を遅らせることになり、血糖値がゆっくり上昇する。なので、分解しきれなかった糖分が脂肪になり蓄積されることにならないから、インスリンの分泌がゆっくりになり、インスリンが血液中に残り中性脂肪が増えるのを抑制するようです)。
食物繊維のメリットとは、大腸の中の善玉菌を増加させる働きが食物繊維にはあるので、大腸内の毒素排出に役立ちます。
しかし、おからには、思っていた以上にいい所がたくさんありました。。
でも、なかなか口にしないのは、おからの料理方法のバリエーションがあまりにも少ないからですね。
でもおからのダイエットクッキーなら、いくらでも食べられそうですよね。
通販サイトで""おから""のダイエットクッキーのショップを探して、商品説明を読んでみると、他にも「ミネラル」(不足しがちですよね~)とか、「コラーゲン」(ハリとツヤですよね~)などといった心くすぐられるキーワードがあるんですよ。"
[PR]
by dietfever | 2008-07-16 10:17 | ダイエットの啓司
クッキーダイエットをすることのメリットは何でしょうか。
いろいろとクッキーダイエットのメリットについて調べてみました。

1.ダイエットクッキーを食べることで食物繊維をカンタンに摂る事ができて、体内の毒素を排出できる(ダイエットのために食事制限を過度にした場合など、栄養素が偏ってしまうと、カラダの中の不要なものを排出できなくなる可能性もあり)。

2.たくさんの種類のダイエットクッキーがあるので、飽きることなくダイエットができる(ダイエットクッキーの種類が豊富だから成分もたくさんあります)。

3.1日3回、通常の食事と併用して手軽に食事後にダイエットクッキーは食べられるので、容易に継続できるダイエットの方法(注意する点は、食事回数を減らして、一気にまとめて食べてしまうようなことをするとダイエットクッキーの糖分が分解されずに脂肪になってしまうので注意が必要)。

4.ダイエットクッキーを食べる時に、噛むことで満腹中枢や交感神経も刺激するので、ダイエットに役だちます。また噛むことで唾液が増えるので、消化を助ける役目があるので、ダイエット中で胃腸の体調が良くない時などはカラダにやさしいですね。

ダイエットクッキーのメリットはこのようなものがありました。
ダイエットクッキーは種類が豊富なので、種類ごとにメリット(一押しポイント)が違ってきますよね。
大手ネットショップなどをしらべて、ダイエットクッキーを購入した人の商品レビューなどを読んでみると、面白いと思います。
例えば、「こっちの商品のほうが、お腹がふくれてGood!」(購入者のレビュー)とか。
「朝食代わりに豆乳と一緒に10枚を食べても300キロカロリー!」(購入者のレビュー)とか。「この商品は、ほかのダイエットクッキーよりも噛みごたえがあってダイエット効果バツグン!」(購入者のレビュー)とか。
色々あるので御自分で調べてみたら、いかがでしょうか?
[PR]
by dietfever | 2008-07-15 09:37 | ダイエットの啓司
通販サイトで話題のダイエットクッキーってどんな物?。
ダイエットクッキーは通販サイトなどで、最近よく耳にしますが、その""ダイエットクッキー""とは一体どんな物でしょうか。
ちょっと、ダイエットクッキーに関してインターネットで調べてみたところ、ココアクッキー、バナナクッキー、米ぬかクッキー。雑穀クッキー、豆乳クッキー、玄米クッキー、黒豆クッキー、とうがらしクッキー、おからクッキー、etc.。
とってもたくさんの種類があります。
大手ネットサイトで検索してみると、""ダイエット バナナクッキー""で0件、""ダイエットクッキー""で1768件、""ダイエット ココアクッキー""で2件。ダイエット 米ぬかクッキーで3件、""ダイエット 玄米クッキー""で22件、""ダイエット 雑穀クッキー""で0件、""ダイエット とうがらしクッキー""で0件、ダイエット 豆乳クッキーで668件、""ダイエット 黒豆クッキー""で13件、""ダイエット おからクッキー""で1390件、等がヒットします。
あるネットショップサイトの検索結果から見てみると「話題のダイエットクッキー」とは、そのサイトで検索件数1390件の""おからのダイエットクッキー""と、同じサイトで検索件数668件の""豆乳のダイエットクッキー""がいま人気のダイエットクッキーのようですね。
ダイエットクッキー、買って食べてみたことありますか?
私はまだ未体験です。"
[PR]
by dietfever | 2008-07-14 18:29 | ダイエットの啓司
ビタミンC誘導体は、イオン美顔器を使用するときに必ず登場してくる重要な成分のひとつです。
通常のイオン美顔器を使う際に一緒にビタミンC誘導体を購入する女性が多いようです。
酸化されやすいビタミンCを安定化したものが、そのイオン美顔器と一緒に使用されるビタミンC誘導体なのです。
みなさんもご存知のとおり通常、ビタミンCはそのままでは皮膚に吸収することができません。ビタミンC誘導体は、その吸収されないというビタミンCの欠点を改良したものです。
ビタミンC誘導体は、ビタミンCに比べて角質層への透過がよく、より長時間皮膚内にとどまることができるのです。
もうひとつの特徴として、ビタミンC誘導体は皮膚の細胞内へビタミンCを浸透させることができるので、活性酸素を除去する効果があるのです。
そして、皮膚の中に浸透してコラーゲンの合成を促すことも、細胞を使った実験で証明されているようです。
皮膚の内部へ浸透していったビタミンC誘導体は、メラニン色素に近づいてビタミンCに変化する効果もあるようです。
皮膚の内部で新たに生産されるメラニン色素の元を分解する働きがあります。
ほかにも、ビタミンC誘導体は皮膚の内部に浸透したあとにビタミンCに変化します。その働きのために、お肌の保湿を促す効果や皮膚の内部でコラーゲンの合成を促進する効果があるのです。
美肌に効果のある成分として、ビタミンC誘導体にはシワやたるみ防止のほか、お肌の若返り効果などもあるので、たいへん期待されているようです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-13 13:10 | 美容の啓司
いま話題のスチーム美顔器について。
ちょっと最近肌に元気がない。
いつもより化粧ノリもあまり良くない気がする。
という声をよく聞くことがあります。
男性、女性に限らず、誰にでも必ず訪れるのが、加齢です。
お肌のトラブルのひとつにたるみ毛穴というものがあります。
これは、主に30代からの女性に多い悩みの一つで、肌のたるみによって頬の毛穴がメイクでも隠しにくくなる症状の事です。
毛穴のたるみは、「肌の水分量と肌の弾力」の低下が大きな原因とされています。
このような、肌水分量の低下や肌弾力の低下に効果があるスキンケア方法として、いま人気のイオンスチーマーがあります。
通常のスチームの約2万分の1という「プラチナナノ微粒子」を含んだナノサイズの「プラチナスチーム」が、皮膚の角質層の奥までゆっくりと浸透し、肌にハリと弾力を蘇らせます。
この人気のイオンスチーマーを使用すれば、目もとから首、胸もとにかけて広範囲に溢れ出る霧状のプラチナスチームを浴びることができます。
イオンスチーマーを使用する時には、プラチナスチームを浴びるのと交互に付属のクールパターも使用します。
スチームによって一回柔らかくなった毛穴を、このクールパターを使うことで、さらに効果的に引きしめることができます。
イオンスチーマーの購入は、家電製品売り場だけでなく、ネットショップなどでも可能です。
いま人気のスチーム美顔器なので、モデルによっては品薄になっていますので要チェックです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-12 08:36 | 美容の啓司
今話題になっているイオン導入器についてまとめてみました。
この美容機器は皮膚に微弱な電流を流すことで、水溶性の成分を皮膚内に導入する方法です。
マイナスの電極を顔の皮膚にあて、プラスの電極の電流を流すと、水に溶けるとマイナスに帯電するイオン(ビタミンC誘導体など)が、皮膚に当てたマイナスの電極からの反発によっ
て顔の皮膚の奥へとしみわたります。
これらマイナスイオン(ビタミンC誘導体)が皮膚に導入されていくと、美白、にきびのほか毛穴の引き締めなどにも効果があるようです。
イオン導入器によりビタミン誘導体の皮膚への浸透は、普段のスキンケアでは落とせない細胞と細胞との間の老廃物を引き出すのです。
皮膚に導入されたマイナスに帯電したイオンは、毛穴の引き締め及び毛穴の洗浄などに効果があります。
イオン導入器の使用時間は、種類によって異なりますが、フェイスマッサージには 5~10分程度です。
この時間ならちょっと短く感じてしまいます。
もっと時間を延ばしたほうがより効果がグングンあがるかも・・。
という気持ちも分ります。
ところが、やみくもにイオン導入の時間を多くすると、逆に肌をいためてしまうことになるようです。
使用方法をしっかり守って使うことが大切です。
もちろんですが、特別なケアをしているというだけでは肌は美しくなりません。
毎日の食生活や規則正しい生活習慣を心がけて、肌にストレスの無いように気を配ることも大切ですね。
[PR]
by dietfever | 2008-07-11 08:47 | 美容の啓司

安全な美容外科を選べ

美容整形を受ける前には、しっかりと自分の明確な希望や計画を立てましょう。
そして、その次は実際に美容外科医院を探してみましょう。
近頃では、インターネットで美容外科の情報を集めることが多いようですね。
美容外科クリニックのホームページを見る時に注意してほしいのが、患者さんの知りたい情報がちゃんと載っているかということです。
料金や手術のメリットやデメリットなど Q&Aなどで説明がなされているか?ということです。
美容施術には様々な不安や疑問があります。
良い美容外科クリニックを選択するときのポイントは、メリットもデメリットもしっかりと説明できている病院だと思います。
万が一、施術の結果にたいして満足がいかない時でも、この数ヶ月間が過ぎてしまえば、施術前の状態にもどることができるのです。
美容整形クリニックに訪問した時には、カウンセリングの内容も確認しましょう。
きっちりとしたアフターファロー制度があるかどうか。
特にトラブル時の対応の方法や再手術に関してもはっきりとした方法を明確にしているかどうかを確認しましょう。
自分の施術を担当することになるクリニックの先生の実績を確認することも大切です。
中には、まだ経験の浅い先生に執刀させて訓練をさせているという美容整形外科もあります。比較的大きい美容外科で、数人の担当医が在籍しているクリニックで多いようです。
実際に施術を担当することになる美容外科の執刀医の実績はとても重要です。
さらに、美容外科クリニックの受付対応なども、クリニック選びの際に見ておくこともおすすめします。
[PR]
by dietfever | 2008-07-10 14:05 | 美容の啓司