ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

久々のデートや水着シーズンの到来という時に、短期ダイエットをして少しでもスリムになれないかと思う女性は案外と多いようです。

テレビでダイエット効果のある食品が紹介されていると、翌日にはスーパーに行ってその食材を購入している方もいます。

中には、健康的な体型であるにも関わらずダイエットに熱心な人もいます。

メディアに煽動され、ダイエットが必要だと思いこまされている人もいるようです。

ダイエットに躍起になる人が増えれば増えるほど、ダイエット産業に関わっている会社の収益につながります。

現時点でダイエットが求められる体型なのかどうか、メーカーに踊らされる前にじっくり自己分析をする必要があります。

肥満体型かどうかは、身長と体重から算出できるBMI指数という数字が判断の拠り所となります。

BMI指数=体重÷身長÷身長という計算で指数を出すことができます。

BMI指数は体内に含まれる脂肪の割合を判定します。

BMI指数が18.5~25.0であれば問題はありません。

25.0~30.0は肥満度1です。

以後は5刻みに肥満度2、肥満度3、肥満度4と判定されます。

翌日は水分だけで過ごします。

最終日はおかゆだけを食べるというのがダイエットの断食です。

短期ダイエットをすることによって、身体を壊したりガリガリになったりすることは避けたいものです。

ダイエットとは、長く行うか短期間で行うかという点だけが全てではありません。

短期ダイエットに対する正しい知識とダイエット方法の選択が、短期ダイエットを成功させるポイントになります。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|奇跡のjugemダイエット|dlダイエット|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|安心・安全dhcサプリメント|ダイエット成功し隊|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|キャッシングローンの基礎知識|7日間脂肪燃焼ダイエット|


ダイエット啓司ブログのTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-13 11:11 | ダイエットの啓司

短期ダイエットの方法

絶食や減量で短期ダイエットを行う人が多いですが、食べる量を減らしすぎると飢餓状態になったり筋肉が減ったりします。

食事を減らすダイエットはリバウンドの原因にもなりやすいので、リバウンド予防のためには筋肉を強化するエクササイズなどをしておく必要があります。

短期ダイエットを成功させるポイントになります。

せっかく短期ダイエットに成功しても、リバウンドして元の体重になってはたまったものでありません。

ダイエットにとり組む前に情報収集をすることが、リバウンドのない具合を悪くしない短期ダイエットには欠かせません。

短期間で痩せるためには無数の手段がありますが、摂取カロリーの制限が主な手段となるようです。

きつい短期ダイエットとして代表的な方法は断食ダイエットです。

長期間行うのは危険ですので、数日程度の断食を行います。

断食といっても、行者のような厳しい断食ではありません。

最初の日に食事を減らして次の日を待ちます。

普段の半分量を目安に食事を摂取し、水分をたくさん摂取するように心がけて1日を過ごします。

2日目は水だけを摂取します。

3日目はおかゆで過ごします。

4日目から様子を見ながら元に戻します。

これがプチ断食ダイエットと呼ばれるダイエット方法となります。

短期ダイエットの1つであるプチ断食には幾つかのバリエーションがあり、一週間と期間を区切ってスープだけを摂取するという方法もあります。

短期ダイエットに対応した低カロリー食をドラッグストアで買い求めるという手法もあります。



投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログのTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-12 06:43 | ダイエットの啓司

短期ダイエットとは

短期ダイエットは、注目されているダイエット方法のひとつです。

短期ダイエットでは、7日間ほどの期間で一気に体重を落とすダイエットです。

ダイエットを実践する日を7日~10日という短めの期間に設定し、その期間内でダイエットにとり組みます。

短い期間内でのダイエットをすることになるため、内容がハードなものが多く、誤った方法を行うと健康を損なってしまう場合もあります。

短期のダイエットにとり組む方には何か差し迫った事情、例えば水着を着る日や結婚式があと数日という人もいます。

限られた期間内でいかに体重を減らすかはいくつかの方法がありますが、短期ダイエットは長期ダイエットでは止められていることも行います。

病気になるリスクが高いのは、絶食によるダイエットでしょう。

ただし、ダイエットを短期でなし遂げた場合、その後何日かしか減った体重は保てないことが多いようです。

短期で行うダイエットは精神的な負荷がかかりやすいものです。

ダイエットが終わってから、その体重をいかに維持するかがダイエットの成否を分けるでしょう。

ダイエット前の食事にすぐに戻してしまっては、カロリー摂取量は多すぎます。

身体が短期ダイエットに適応しつつある時に今まで通りの食生活に戻せば、エネルギーの吸収率が高くなります。

短期ダイエットがうまくいったといえる状態になるには、ダイエット終了後の体重コントロールも見逃せない点です。


投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログのTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-10 07:47 | ダイエットの啓司
成功した人も多く、ほぼ確実なダイエット方法としてマイクロダイエットは関心を集めています。

マイクロダイエットの類似した商品もいくつかあります。

マイクロダイエット用の代用食も、長く続けていけるように様々な味や香りをつけるなどして、種類もたくさんあります。

代替食も飲み物タイプ一辺倒ではなく、リゾットやパスタの形を取った食事もあります。

ダイエット中とはいっても、1日3回の食事は楽しんで摂取したいものです。

マイクロダイエットで注意すべきことは、リバウンドの問題です。

マイクロダイエットは基本的には食事を制限するダイエットです。

リバウンドは、マイクロダイエットをやめてこれまでと同じ食事にした時に起こりうることがあります。

せっかくやせたのに、1ヶ月で元に戻ってしまったという体験談もよく聞きます。

考えようによっては、食事を減らしていた頃は体重が減り、食事を戻せば体重が増えるという現象は、理に叶っているといえるのではないでしょうか。

マイクロダイエットの低カロリー食を1日2回食べていれば体は常にカロリーを欲する状態ですから、食べたものは片っ端から脂肪として貯め込みたがります。

マイクロダイエットで目標体重に達した後も、その体重をキープするための食習慣を保つことが大事です。

無事に体重を減らすことができても、再び増えてしまっては元も子もありません。

マイクロダイエットでの成功を上手に活かしたいものです。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-09 10:25 | ダイエットの啓司
マイクロダイエットのために作られている食事は、会社によってやや違いはあるものの、基本的には一食につき150キロカロリー~180キロカロリーほどとなります。

多くの代替食はドリンク状で、一食につき200キロカロリー前後が摂取できます。

1日に体が求めるカロリー量は、大人の女性の場合は1600~1900キロカロリーが基準となります。

1日3度の食事をするなら、一食は600~700キロカロリー程度になります。

1食をマイクロダイエットの代替食品に置き換えて計算すると、ちょうど1日あたり1600キロカロリー程度です。

1日の必要最低エネルギー量くらいになります。

この調子でマイクロダイエット食を継続しカロリー摂取量を控えることによって、運動で使う分はダイエット効果が現れます。

もっと効果的に、マイクロダイエットを進めていくために代替食品を1日2回取り入れることもできます。

1,200キロカロリーのカロリーだけで毎日を過ごすという、少々ハードな方法です。

運動をしない場合でも、体が求めるエネルギーを作るため蓄積された脂肪が代謝されます。

マイクロダイエットは3食どの食事と変えてもいいですが、夕食との置き換えが効果を発揮します。

マイクロダイエット食を夕食にしても、夜から寝るまではカロリー摂取が少なくてもエネルギー消費がさほど多くないため体に不可をかけずにダイエットができます。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-08 09:42 | ダイエットの啓司
マイクロダイエットというダイエット方法があります。

かつては治療が必要な肥満患者のダイエットでした。

数あるダイエット方法の中でも、医師が認めるダイエットはカロリー制限と運動療法です。

ダイエットは、健康のためにしなければならない肥満体型でない限りはしなくてもいいと言われています。

肥満患者の治療のためにアメリカで開発されたダイエットが、食べ物を制限するマイクロダイエットです。

肥満とはそもそも、カロリー過多の食習慣によって起きるものです。

カロリーの低い食事をすることで蓄積されている脂肪を燃焼させていくことが、マイクロダイエットの骨子です。

マイクロダイエットで使われる代替食品は、食事制限で不足しがちな栄養素をバランスよく配合してあることがポイントです。

マイクロダイエットのダイエット専用食を摂取することで、食事制限でかかる体への負担や栄養素の不足を最小限に留めることができます。

脂肪を燃焼させるには、1日で使うカロリーより少ない摂取カロリーにすればいいというわかりやすい考えに基づいてマイクロダイエットは作られています。

たくさんの人たちが、マイクロダイエットでダイエットに成功しています。

肥満体型に悩んでいた人の多くが、マイクロダイエットを成功させてスリムな体つきになれたと言われているようです。

現在では、アメリカの医師はマイクロダイエットをいい方法たとして推奨しているようです。


投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-07 19:29 | ダイエットの啓司
エステで体験できるマッサージの中で、一番手軽なのは足つぼマッサージです。

エステで扱われている様々なコースの中でも、足つぼマッサージ、別名リフレクソロジーは人気があります。

全身に行うマッサージとは違い、洋服を脱がずに済みます。

料金も10分で1,000円からなどそれほど高くなく、気軽に試してみることができるエステのマッサージです。

通い詰めずとも、一度の施術でもいいところもありますので、足つぼマッサージは気軽に利用できるのです。

リフレクソロジーでマッサージする足の裏には、内臓など全身につながるつぼがあります。

足の裏にあるツボをマッサージすることで血の巡りが改善され、精神的なリラックス感も増す効果があると言われています。

エステでマッサージする場合、アロマオイルを使ってより効果を高めるところもあります。

足つぼマッサージにフェイシャルマッサージを追加して同時にマッサージ行っているエステサロンもあります。

痛みに弱いので足つぼマッサージをちゅうちょしているという人もいます。

エステで行うリフレクソロジーは、痛みというより心地よさにリラックスできたという人の方が多いようです。

もしも、エステという場所に一度行ってみたいけれど支払いが気になっているというなら、足つぼマッサージのような手軽なコースから受けてみてイメージを掴むこともいいでしょう。

納得のいくエステ体験をするためにも、足つぼマッサージをエステで利用する場合は、施術内容を前もって確認しておくといいでしょう。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-06 09:23 | 美容の啓司
最近は、ダイエットダイアリーをWebで記録できる機能の提供を行う会社が数多く存在しています。

ダイエットダイアリーのほとんどは無料で会員登録することができます。

ダイエットダイアリーには、多くの機能が備えられています。

ネット上のダイエットダイアリーサービスは大体同様のサービスですが、例えばヤフービューティーがあります。

申込みの必要項目では、背の高さ、体脂肪率といった前提となる情報と共に、ダイエットの予定を打ち込んでいきます。

ダイエット前の体調、生活スタイルも記録します。毎日、体重、体脂肪率、食事内容、運動などをダイアリーに入力していきます。

食べるものに関する注意点や助言を、その日に食べた食事に関するチェックによって知ることもできます。

食べたもので足りないもの、多すぎるもの、カロリー量など、一週間の入力内容から留意点を指摘してもらえるというサービスもあります。

ダイエットダイアリーを1カ月ほどつけると、再び生活チェックテストを受けた上で助言がされます。

総合アドバイスでは、食事バランス、体重、生活の内容の変化を見て具体的なアドバイスが出ます。

Web ダイエットダイアリーの場合、最初にダイエット期間を選びます。

30日間、90日間のどちらかを選ぶところが多いです。

最終日のダイアリーを入力しますと、生活チェックテストを受けて相互アドバイスが出るというシステムです。

今からダイエットに取り組みたいという人のために、ダイエットダイアリーでのダイエットで目標体重を達成したという方は、何に気をつけてダイエットをしたか、どの時期がなぜ辛かったかといった点を投稿しておくと参考になるようです。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-05 06:55 | ダイエットの啓司
ダイエットダイアリーは、とくに決まった様式のものはありません。

大学ノートに体重や体脂肪、食事の内容などを毎日記すこともよい方法です。

100円ショップで大学ノート1冊買って記録するだけですので、お金もそんなにかかりません。

とても経済的なダイアリーです。

ただし、ノートに順々に書いていくだけでは、現時点のダイエット進行状況が把握しづらいという欠点が前から言われていました。

ネットでブログサービスを利用してダイエットダイアリーを続けるという方法も続けやすく、なかなかいい方法です。

食事内容を撮影しておき、ブログに掲載することで食事記録を簡単に取ることができます。

今の携帯電話はたいていカメラ機能がついていますので、外食をした時でも食べたものをその場で写真撮影し、気軽にブログに乗せることができます。

ブログでのダイエットダイアリーはメリットがたくさんあります。

人気ブログランキングなどを見ると、ダイエットダイアリーのブロガーが大勢いることに気づきます。

ダイエット中はどのようなものを食べ、どんな運動をしているか、周囲の人の状況がわかります。

似た境遇のブログや刺激になった内容があれば、そのブログの書き手と交流をすることもできますので、励まし合いながらダイエットをすることも可能です。

1人で大学ノートに向かって書き込んでいるだけでは気持ちが滅入ってくるケースも少なくありません。

ブログでダイエットダイアリーをつけることによって、自分だけが頑張ってるわけではないという気持ちになれます。


投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-04 18:02 | ダイエットの啓司
長続きのするダイエットに挑戦するには、ダイエットダイアリーの存在は欠かせません。

取り組んできたダイエットの内容を俯瞰するには、食事内容や運動内容を記録していけるダイエットダイアリーが役立ちます。

ここで実際以上のことを書いても、日記としてもダイエット記録としても役立たずです。

食べた物や食べた量について書き、運動不足の時も正直に書きます。

間食をした時のことも忘れず記録するようにします。

ダイエットダイアリーをダイエットに役立てる時のポイントはどのようなことでしょう。

ダイアリーの存在がストレス源にならないよう、気軽に書けるようにしてください。

体脂肪率がわかるタイプのの体重計を使い、体重と合わせて体脂肪率を記録していきたいものです。

ダイエットダイアリーは、ダイエットを始めてから体重が減少した推移が客観的にわかるので、記録することに張りあいが出てきます。

体重の減少がそれほど著しくない場合でも、ダイアリーをつけていれば心の負担になることはありません。

毎日、淡々と体重計に乗るだけでは途中で放棄したくなるでしょう。

数行でも構いませんから長期間、続けることが大切です。

気長にダイエットダイアリーを書き続けることで、自分に相性のいいダイエットプランも決まります。

ダイエットダイアリーを続けることで、ダイエットと自分の体質との関係がわかります。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|         
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-03 18:01 | ダイエットの啓司