ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever
久々のデートや水着シーズンの到来という時に、短期ダイエットをして少しでもスリムになれないかと思う女性は案外と多いようです。

テレビでダイエット効果のある食品が紹介されていると、翌日にはスーパーに行ってその食材を購入している方もいます。

中には、健康的な体型であるにも関わらずダイエットに熱心な人もいます。

メディアに煽動され、ダイエットが必要だと思いこまされている人もいるようです。

ダイエットに躍起になる人が増えれば増えるほど、ダイエット産業に関わっている会社の収益につながります。

現時点でダイエットが求められる体型なのかどうか、メーカーに踊らされる前にじっくり自己分析をする必要があります。

肥満体型かどうかは、身長と体重から算出できるBMI指数という数字が判断の拠り所となります。

BMI指数=体重÷身長÷身長という計算で指数を出すことができます。

BMI指数は体内に含まれる脂肪の割合を判定します。

BMI指数が18.5~25.0であれば問題はありません。

25.0~30.0は肥満度1です。

以後は5刻みに肥満度2、肥満度3、肥満度4と判定されます。

翌日は水分だけで過ごします。

最終日はおかゆだけを食べるというのがダイエットの断食です。

短期ダイエットをすることによって、身体を壊したりガリガリになったりすることは避けたいものです。

ダイエットとは、長く行うか短期間で行うかという点だけが全てではありません。

短期ダイエットに対する正しい知識とダイエット方法の選択が、短期ダイエットを成功させるポイントになります。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|奇跡のjugemダイエット|dlダイエット|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|安心・安全dhcサプリメント|ダイエット成功し隊|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|キャッシングローンの基礎知識|7日間脂肪燃焼ダイエット|


ダイエット啓司ブログのTOPへ
[PR]
# by dietfever | 2010-06-13 11:11 | ダイエットの啓司

短期ダイエットの方法

絶食や減量で短期ダイエットを行う人が多いですが、食べる量を減らしすぎると飢餓状態になったり筋肉が減ったりします。

食事を減らすダイエットはリバウンドの原因にもなりやすいので、リバウンド予防のためには筋肉を強化するエクササイズなどをしておく必要があります。

短期ダイエットを成功させるポイントになります。

せっかく短期ダイエットに成功しても、リバウンドして元の体重になってはたまったものでありません。

ダイエットにとり組む前に情報収集をすることが、リバウンドのない具合を悪くしない短期ダイエットには欠かせません。

短期間で痩せるためには無数の手段がありますが、摂取カロリーの制限が主な手段となるようです。

きつい短期ダイエットとして代表的な方法は断食ダイエットです。

長期間行うのは危険ですので、数日程度の断食を行います。

断食といっても、行者のような厳しい断食ではありません。

最初の日に食事を減らして次の日を待ちます。

普段の半分量を目安に食事を摂取し、水分をたくさん摂取するように心がけて1日を過ごします。

2日目は水だけを摂取します。

3日目はおかゆで過ごします。

4日目から様子を見ながら元に戻します。

これがプチ断食ダイエットと呼ばれるダイエット方法となります。

短期ダイエットの1つであるプチ断食には幾つかのバリエーションがあり、一週間と期間を区切ってスープだけを摂取するという方法もあります。

短期ダイエットに対応した低カロリー食をドラッグストアで買い求めるという手法もあります。



投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログのTOPへ
[PR]
# by dietfever | 2010-06-12 06:43 | ダイエットの啓司

短期ダイエットとは

短期ダイエットは、注目されているダイエット方法のひとつです。

短期ダイエットでは、7日間ほどの期間で一気に体重を落とすダイエットです。

ダイエットを実践する日を7日~10日という短めの期間に設定し、その期間内でダイエットにとり組みます。

短い期間内でのダイエットをすることになるため、内容がハードなものが多く、誤った方法を行うと健康を損なってしまう場合もあります。

短期のダイエットにとり組む方には何か差し迫った事情、例えば水着を着る日や結婚式があと数日という人もいます。

限られた期間内でいかに体重を減らすかはいくつかの方法がありますが、短期ダイエットは長期ダイエットでは止められていることも行います。

病気になるリスクが高いのは、絶食によるダイエットでしょう。

ただし、ダイエットを短期でなし遂げた場合、その後何日かしか減った体重は保てないことが多いようです。

短期で行うダイエットは精神的な負荷がかかりやすいものです。

ダイエットが終わってから、その体重をいかに維持するかがダイエットの成否を分けるでしょう。

ダイエット前の食事にすぐに戻してしまっては、カロリー摂取量は多すぎます。

身体が短期ダイエットに適応しつつある時に今まで通りの食生活に戻せば、エネルギーの吸収率が高くなります。

短期ダイエットがうまくいったといえる状態になるには、ダイエット終了後の体重コントロールも見逃せない点です。


投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログのTOPへ
[PR]
# by dietfever | 2010-06-10 07:47 | ダイエットの啓司
成功した人も多く、ほぼ確実なダイエット方法としてマイクロダイエットは関心を集めています。

マイクロダイエットの類似した商品もいくつかあります。

マイクロダイエット用の代用食も、長く続けていけるように様々な味や香りをつけるなどして、種類もたくさんあります。

代替食も飲み物タイプ一辺倒ではなく、リゾットやパスタの形を取った食事もあります。

ダイエット中とはいっても、1日3回の食事は楽しんで摂取したいものです。

マイクロダイエットで注意すべきことは、リバウンドの問題です。

マイクロダイエットは基本的には食事を制限するダイエットです。

リバウンドは、マイクロダイエットをやめてこれまでと同じ食事にした時に起こりうることがあります。

せっかくやせたのに、1ヶ月で元に戻ってしまったという体験談もよく聞きます。

考えようによっては、食事を減らしていた頃は体重が減り、食事を戻せば体重が増えるという現象は、理に叶っているといえるのではないでしょうか。

マイクロダイエットの低カロリー食を1日2回食べていれば体は常にカロリーを欲する状態ですから、食べたものは片っ端から脂肪として貯め込みたがります。

マイクロダイエットで目標体重に達した後も、その体重をキープするための食習慣を保つことが大事です。

無事に体重を減らすことができても、再び増えてしまっては元も子もありません。

マイクロダイエットでの成功を上手に活かしたいものです。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
# by dietfever | 2010-06-09 10:25 | ダイエットの啓司