ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever
豆乳のダイエットクッキーのメリットはなんでしょう?
豆乳のダイエットクッキーは、兄弟みたいなものです。
同じ大豆から生まれるからです。
この原料となっている豆乳ですが、大豆タンパクとイソフラボンという成分がはいっています。
どちらもダイエット系のショップでよく聞く言葉です。
大豆に含まれる良質のタンパクを食べた時に、脂肪を排出するところがこの大豆タンパクのメリットのひとつです。
大豆タンパクは脂肪の吸収を抑えてくれるのです。
豆乳にふくまれる栄養素のひとつである大豆タンパクですが、この脂肪の排出を促進してくれる点がダイエットクッキーに使われる理由なのです。
豆乳にふくまれる成分の大豆タンパクには、ほかにも基礎代謝を維持するという働きもあるのです。
大豆タンパクをきちんととれば、エネルギーを燃やしやすい体になれるのです。
そして、イソフラボンのいい所は、イソフラボンは食欲を抑制することです。
豆乳にふくまれている成分である、イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするのです。
女性ホルモンの分泌が減少してくると、食べる量が増えてきます。
食欲を抑える機能が働きにくくなるのが原因ですが、中年以降の女性に急に食べる量が増えて太りだす方が多いのはこのためです。
女性ホルモンが少なくなった状態でのイソフラボンの影響に関する実験があります。
人工的に女性ホルモンを少なくして更年期障害の状態になっているメスのラットに、イソフラボンを加えたエサを与えてみたら、そのラットの食欲に変化がなかったという報告があります。
反対に、エサにイソフラボンを加えられていない普通のエサを与えられていたラットは、やはり食べる量が増えて太り始めたそうです。
この実験の話を読んで、私はミョ~に納得してしまいました。
だって、私も2、3年前からラットと同じ状態でした。
数年前から、食欲があって食べる量が増えていたのです。
そして太りやすい体質になっていました。なぜ体質が変わってしまったんだろうと思っていたのです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-17 09:12 | ダイエットの啓司