ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

タグ:短期ダイエット ( 5 ) タグの人気記事

久々のデートや水着シーズンの到来という時に、短期ダイエットをして少しでもスリムになれないかと思う女性は案外と多いようです。

テレビでダイエット効果のある食品が紹介されていると、翌日にはスーパーに行ってその食材を購入している方もいます。

中には、健康的な体型であるにも関わらずダイエットに熱心な人もいます。

メディアに煽動され、ダイエットが必要だと思いこまされている人もいるようです。

ダイエットに躍起になる人が増えれば増えるほど、ダイエット産業に関わっている会社の収益につながります。

現時点でダイエットが求められる体型なのかどうか、メーカーに踊らされる前にじっくり自己分析をする必要があります。

肥満体型かどうかは、身長と体重から算出できるBMI指数という数字が判断の拠り所となります。

BMI指数=体重÷身長÷身長という計算で指数を出すことができます。

BMI指数は体内に含まれる脂肪の割合を判定します。

BMI指数が18.5~25.0であれば問題はありません。

25.0~30.0は肥満度1です。

以後は5刻みに肥満度2、肥満度3、肥満度4と判定されます。

翌日は水分だけで過ごします。

最終日はおかゆだけを食べるというのがダイエットの断食です。

短期ダイエットをすることによって、身体を壊したりガリガリになったりすることは避けたいものです。

ダイエットとは、長く行うか短期間で行うかという点だけが全てではありません。

短期ダイエットに対する正しい知識とダイエット方法の選択が、短期ダイエットを成功させるポイントになります。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|奇跡のjugemダイエット|dlダイエット|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|安心・安全dhcサプリメント|ダイエット成功し隊|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|キャッシングローンの基礎知識|7日間脂肪燃焼ダイエット|


ダイエット啓司ブログのTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-13 11:11 | ダイエットの啓司

短期ダイエットの方法

絶食や減量で短期ダイエットを行う人が多いですが、食べる量を減らしすぎると飢餓状態になったり筋肉が減ったりします。

食事を減らすダイエットはリバウンドの原因にもなりやすいので、リバウンド予防のためには筋肉を強化するエクササイズなどをしておく必要があります。

短期ダイエットを成功させるポイントになります。

せっかく短期ダイエットに成功しても、リバウンドして元の体重になってはたまったものでありません。

ダイエットにとり組む前に情報収集をすることが、リバウンドのない具合を悪くしない短期ダイエットには欠かせません。

短期間で痩せるためには無数の手段がありますが、摂取カロリーの制限が主な手段となるようです。

きつい短期ダイエットとして代表的な方法は断食ダイエットです。

長期間行うのは危険ですので、数日程度の断食を行います。

断食といっても、行者のような厳しい断食ではありません。

最初の日に食事を減らして次の日を待ちます。

普段の半分量を目安に食事を摂取し、水分をたくさん摂取するように心がけて1日を過ごします。

2日目は水だけを摂取します。

3日目はおかゆで過ごします。

4日目から様子を見ながら元に戻します。

これがプチ断食ダイエットと呼ばれるダイエット方法となります。

短期ダイエットの1つであるプチ断食には幾つかのバリエーションがあり、一週間と期間を区切ってスープだけを摂取するという方法もあります。

短期ダイエットに対応した低カロリー食をドラッグストアで買い求めるという手法もあります。



投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログのTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-12 06:43 | ダイエットの啓司

短期ダイエットとは

短期ダイエットは、注目されているダイエット方法のひとつです。

短期ダイエットでは、7日間ほどの期間で一気に体重を落とすダイエットです。

ダイエットを実践する日を7日~10日という短めの期間に設定し、その期間内でダイエットにとり組みます。

短い期間内でのダイエットをすることになるため、内容がハードなものが多く、誤った方法を行うと健康を損なってしまう場合もあります。

短期のダイエットにとり組む方には何か差し迫った事情、例えば水着を着る日や結婚式があと数日という人もいます。

限られた期間内でいかに体重を減らすかはいくつかの方法がありますが、短期ダイエットは長期ダイエットでは止められていることも行います。

病気になるリスクが高いのは、絶食によるダイエットでしょう。

ただし、ダイエットを短期でなし遂げた場合、その後何日かしか減った体重は保てないことが多いようです。

短期で行うダイエットは精神的な負荷がかかりやすいものです。

ダイエットが終わってから、その体重をいかに維持するかがダイエットの成否を分けるでしょう。

ダイエット前の食事にすぐに戻してしまっては、カロリー摂取量は多すぎます。

身体が短期ダイエットに適応しつつある時に今まで通りの食生活に戻せば、エネルギーの吸収率が高くなります。

短期ダイエットがうまくいったといえる状態になるには、ダイエット終了後の体重コントロールも見逃せない点です。


投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログのTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-06-10 07:47 | ダイエットの啓司
短期ダイエットに関してまとめてみました。
女性の中では、短期ダイエットを望む方がとても多くいるようです。
夏の水着までに何キロとか久し振りに彼に逢うからなど理由はいろいろとあるようです。
このように短期ダイエットをはじめる人は、何かしらのイベントに向けてという理由が大半です。短期というと、3日間や1週間というダイエットもたくさんありますが、このような短過ぎる期間では、無駄な脂肪を落とすことは不可能です。
1週間程度の短い期間では、女性の生理周期と深い関係のある体内の排泄物除去や水分調節という大切なカラダの機能のことを考えると、効果にバラつきがあるので、短期ダイエットといえども最低でも 1ヶ月の期間は必要です。
短期ダイエットはリバウンドしやすいのも特徴なので注意が必要です。
短期間での食事制限だけでは、カラダが飢餓状態となります。筋肉が落ちることにより、逆にリバウンドしてしまうのです。
リバウンドしないようにするためには、短期ダイエットと一緒に筋力強化のための運動を行うことです。
食事制限だけ短期にしてしまうと、筋肉も一緒に落ちてしまうことも良く覚えておきましょう。
筋肉強化の運動を併用せずに、筋肉が落ちてしまうと、食べても太る体質になってしまいますので注意が必要です。
長期、短期の違いでダイエットが成功するわけではないのです。
成功のポイントは、ダイエットの選択方法にあるのです。
長期でダイエットできる人も最初は短期を目指して、集中して行い、その後まだダイエットを続けるのか、体重をキープするのかの選択をすればいいのです。
まず最初は短期ダイエットを集中して行なうことで、体質改善の方法が自分なりに比較的容易につかむことができると思います。
[PR]
by dietfever | 2008-07-05 07:59 | ダイエットの啓司
ダイエットをはじめる前に注意したいポイントについて考えてみました。
「痩せたい」と考えている若い人たちのほとんどの方が、いつもその事を考えているのではないのでしょうか。
雑誌やテレビで活躍しているアイドルやタレントさんたちに憧れたり、とってもかわいい洋服があったり、女の子はいつもそんなアンテナを張っていて、情報にとても敏感になっているように感じられます。
世界の中でも特に日本の女性たちがダイエットと言う言葉に対してとても敏感になっていて、外国の人から見たら「別に太っていないよ。痩せているのにどうして?」と思われている事をみなさ
んご存知でしょうか。
それでも、日本では多くのメディアが日々ダイエット情報を取り上げており、中には健康に害がありそうなものや、大変危険なものまで存在しているようです。
他人と比べるのでは無く、自分自身が健康的であるのが、一番ふさわしいプロポーションであるのにも関わらず、氾濫するダイエット情報の中で見失っている人が大変多いように感じられます。
食べることは、いけない事のようにとらえ、一度太ってしまったら痩せられないと考えて、様々な病気を引き起こしたりする例も、少なくないようです。
短期ダイエットをする時には、自分の体をしっかりと観察して、体調に耳を傾けながら、体調不良を感じたらストップするという事も、きちんと頭に入れておきましょう。
短期ダイエットをスタートする前に、自分が本当に太っているのかどうか、短期ダイエットが必要なのかを調べてみましょう。
ダイエットが必要かどうかを調べる方法があります。
それは、BMI指数により肥満度が分る計算式があります。
男女共通の肥満度を求める計算式です。BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)。
計算結果の数値によって、肥満度が分ります。
数値が、20以下の時は痩せている、24以下の時は標準、26.5以下の時はやや肥満、26.6以上の時は肥満ということになります。
短期ダイエットをする前に、BMIの数値により自分がどのタイプか把握した上で、自分の体系にあったダイエットをするようにしましょう!
度を過ぎたダイエットをする必要はないのです。
ガリガリに痩せるのは、決して理想の姿ではないのです。
[PR]
by dietfever | 2008-07-04 09:22 | ダイエットの啓司