ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

タグ:紫外線 ( 3 ) タグの人気記事

近年は紫外線が影響の度合いを増し、日焼け止めクリームなどの存在が欠かせません。

紫外線からお肌を守る方法はいくつかありますが、紫外線ケア効果があるという食材を使うという方法もあります。

紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生します。

活性酸素は健康や美容の敵です。

白血球は、各種のウイルスや菌から体をガードするための方策として、活性酸素を作り出し、これに対抗しようといます。

老化やガンなど、体に起きるよくない現象のいくつかは、この活性酸素の活動によるものだといいます。

活性酸素の多いからだは錆びるので、細胞の働きが悪くなります。

発生した活性酸素を抑えるために食事にも気をつけましょう。

ビタミンCが紫外線ケアに役立ちます。

ビタミンCには紫外線を浴びて発生した活性酸素を除去してくれる作用があります。

レモンやみかんなどの柑橘系に多いことで知られていますが、果物や野菜に多い成分で、イモ類などにも含まれているといいます。

加熱すると壊れやすく、水に溶けるという特徴がありますので、長時間流水にさらしたり炒めたりすると失われることがあります。

生で食べるといいでしょう。

抗酸化作用のある栄養素としてはビタミンEがあります。

大豆やナッツ、玄米などに豊富に含まれます。

脂溶性ビタミンであり、水には溶けませんが油に溶け出す性質があります。

開封後の時間が経ちすぎていると酸化している可能性があります。

酸化した食材を使うのは悪影響です。

ポリフェノールやβ-カロテン・リコピンなども紫外線ケアに役立ちます。

もちろん美容、健康に良いからといって偏った食事をするのはいけません。

紫外線対策も大事ですが、食事には偏りがないことをまず心がけましょう。

その上で、紫外線ケアにいいという栄養素を意識して取り入れてください。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|         
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-04-24 18:50 | ダイエットの啓司

子どもの紫外線ケア

紫外線ケアを若いときから始めるのが大変重要なのはご存知でしょうか。

紫外線ケアの必要性は、年若い頃からそれほど必要なものなのでしょうか。

子供のころに紫外線を浴びた量が多いほど、大人になってから皮膚癌を発症する確率が高くなるためです。

紫外線をたくさん浴びていると皮膚ガンを早い時期から出しやすくなりますし、多くの紫外線を浴びている人は成人後の肌のシミやたるみが顕著です。

皮膚ガンにしろ肌のシミやシワにしろ、日差しを浴びている子どもの頃は気づきにくいものですが、大きくなってからその影響が出てきます。

皮膚への紫外線の影響は、紫外線を浴びていたその時はわからなくても、十年後、二十年後に出てきます。

後悔をしないためにも子どものころから紫外線ケアを行うことが大切です。

子どもの紫外線ケアはどのようにすれば良いでしょうか。

紫外線の肌への影響が一番強い時間帯は午前10時~午後2時です。

この時間帯の外出はできるだけ避け、朝早くや夕方に戸外に出るようにすることでかなりの紫外線予防になります。

影になる場所を確保するため、テントや樹のある場所の近くを遊び場にするという方法も最近ではよくとられています。

外出時は帽子を被って、なるべく長袖を着るようにしましょう。

肌を露出するときは子ども用の日焼け止めを利用するなど最低限の紫外線ケアも大切です。

大人が頑張って紫外線ケアをしてあげようと思っても、必要性を理解していなければ子どもは紫外線ケアをしようとは思いません。

子どもに紫外線に関する知識をつけさせることで、自主的な紫外線ケアも期待できます。

投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|         
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-04-23 07:29 | 美容の啓司

紫外線ケアの重要性

日差しが柔らかそうな夏以外の季節でも、紫外線ケアを怠るとてきめんに影響が出ます。

紫外線を浴びた肌のケアはどうしているでしょうか。

夏の盛りなら、適度に日焼けをした肌は健康的な印象を与えます。

かつては、小麦色に日焼けをすることが健康美のシンボルと見なされていたようです。

紫外線の影響が明らかになった現在では、紫外線を浴びないようにケアをするか、紫外線を浴びた後のケアをどうするかを考える必要があります。

肌を紫外線から守るのはどのような理由からでしょう。

皮膚を紫外線にさらしていると、しみやしわができやすくなります。

また、皮膚ガンや紫外線アレルギー、目の疾患が起きやすくなります。

皮膚の免疫力を低下させて感染症になりやすくなります。

紫外線は恐ろしいものなのです。

日本では、しみ・しわの原因になると美容的な考え方だけが注目されやすくなっています。

紫外線への備えは、大きくなってからでいいと思っている方も少なくはないようです。

紫外線がどのように体に悪影響を与えるか、アメリカやオーストラリアでは既に広く広まっています。

そのため、乳幼児の頃から紫外線対策はきちとんと行っているようです、それに比べると、日本はまだまだ紫外線に対する意識が薄いかもしれません。

紫外線対策も紫外線を浴びた肌のケアも、まだ小さいうちからしておくことが、その後の健康やお肌の状態を左右します。


投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|         
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-04-22 18:30 | 美容の啓司