ダイエット教の教祖様の有難い啓司が頂けます


by dietfever

タグ:豆腐ダイエット ( 3 ) タグの人気記事

どんな魅力が豆腐ダイエットにはあるでしょうか。

食材としての豆腐は調理の幅が広いので、豆腐が好きだという人ならいつまでも飽きずに食べていられます。

豆腐ダイエットに用いる豆腐は木綿豆腐が向いています。

木綿豆腐は色々な料理に生かせる食材であり、絹ごし豆腐より栄養成分が豊富です。

ローカロリー食材であることも豆腐がダイエットにいいといわれる由縁です。

豆腐一丁のカロリーは、絹ごし豆腐で140kcal、木綿豆腐で170kcalです。

低カロリーなのに重量感があり、食べた気分になれますので、空きっ腹を抱えてストレスを溜めることもありません。

動物性たんぱく質は完全に消化されるには4時間以上かかるのに対し、豆腐は水分が多くたんぱく質が消化、吸収されやすい形になっているので短時間で消化されます。

胃腸への負担も少なく、体調が悪い時にもお薦めです。

豆腐は朝のたんぱく源としてもばっちりで、腹持ちも良く食べがいがあるため、昼まで十分に保ちます。

うっかり食べ過ぎた時や外食が続いたためにダイエットに挫折したと諦める前に、豆腐を主食のメニューを摂ってください。

ちょっとした食べすぎなら、すぐに取り戻せる筈ですよ。

豆腐ダイエットのメリットは、豆腐を食べるタイミングが自由な点です。

必要に応じてアレンジし、豆腐ダイエットをきっと成功させましょう。


投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|         
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-04-18 19:46 | ダイエットの啓司

豆腐ダイエットの栄養素

豆腐ダイエットの豆腐には色々な栄養が含まれています。

[PR]
by dietfever | 2010-04-17 18:59 | ダイエットの啓司

豆腐ダイエットとは

ダイエットには様々な方法がありますが、豆腐ダイエットもその一つです。

一食の炭水化物を豆腐を使った料理にするこにが豆腐ダイエットです。

その他、長続きの点からはあまりお勧めできませんが、3回の食事の炭水化物を全部豆腐にしてしまうという方法もあります。

1食のみでも、かなりの効果を期待出来ます。

調理方法は自由ですが、必ず温かい豆腐を食べる様にします。

マクロビオティクスや漢方の思想にある陰陽に則ると、万物は全て陰陽二種に分類され、豆腐は陰の食べ物で体を冷やすといいます。

体が冷えると脂肪を燃やすための代謝が滞り、ダイエットに不向きな体質になってしまうと言われています。

脂肪を燃やすためには、体を冷やしてはいけません。

豆腐調理にはわずかなら油や肉類も使えますし、野菜と共に摂取するのも有効です。

豆腐のいいところは、数多くの料理方法が存在しているために、長く食べ続けても嫌にならないということが挙げられます。

1日のどのタイミングでも良いわけですから、無理せず長続きができてダイエットに適した体質改善が可能です。

規則正しくきちんと3食食べることが、ダイエットでは欠かせません。

1日2食の生活や主食抜きで食事をしていると、体に負担がかかり脂肪もつきやすくなります。豆腐ダイエットなら、大幅に食事量を減らさずともダイエットの効果が期待できます。


投稿者 太田由希奈


[PR]

|最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局|         
|美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|サプリメントの基礎知識|

ダイエット教啓司ブログ のTOPへ
[PR]
by dietfever | 2010-04-16 18:41 | ダイエットの啓司